みなほ特許事務所の理念

知的財産制度活用のススメ

 「知的財産」という言葉は耳にしたことがあるけれど、何だかよくわからない、という方が大半ではないでしょうか?

「知的財産」を適切に活用すれば、自社製品や自社ブランドを他社に模倣される、自社ブランドの使用で他社から権利侵害を主張される、等のリスクを避け、安心・安全にビジネスを行うことができます。本来の製品開発、広告宣伝の業務に集中することが出来るのです。知的財産制度のことを「全く知らない」ということは、それだけで大きなリスクを冒しています。是非とも、知的財産制度を活用して、貴社のビジネスを安心・安全なものとしてください。そのご協力をさせて頂けるのが、私どもの喜びです。知的財産制度の効用について詳しく知りたい方は、お気軽にご連絡下さい。ミニセミナーをご用意いたしております。

                所長 竹口 美穂(たけぐち みほ)

 

みなほ特許事務所の活用のススメ

♪「聞く」ことを大切にしています。お客様のことを一番良くご存じなのは、お客様です。

自社のことは、お客様が一番良くご理解されており、自社に一番親身なのも勿論お客様ご自身です。もし仮に、知的財産に関する専門知識・技能を十分にお持ちでしたら、お客様ご自身でご判断・ご解決されることが最良の方法でしょう。

しかし、知的財産制度は大変難解で、知的財産に関する専門知識・技能は簡単に習得できるものではありません。私たち弁理士も、一人前に業務を行うことが出来るようになるために、5年は師匠の下について修行を行っております。

従って、お客様ご自身で、適切なご判断・ご解決をされることは大変難しいです。

みなほ特許事務所は、「お客様からのお客様の情報」∔「我々の専門知識・技能」がミックスされて、初めて、お客様のビジネスを安心・安全にすることが出来る業務を提供できると考えております。そのため、お客様のお話しを「聞く」ことを大切にしております。お客様がどのようなことにお困りかをよく聞き、お客様が望む最良の状態にするための、最良の提案をさせて頂きます。

♪「真のワンストップサービス」を提供します。所長一人で何でもできるからです。社内に知的財産部門のない企業様のために、社外の知的財産部門としてご活用頂けます。

みなほ特許事務所は、所長である竹口美穂の個人事務所です。外注等も一切行わず、全ての案件を竹口美穂が対応させて頂きます。所長一人で、特許(実用新案)、商標、意匠、著作権といった、幅広い法律分野の知識と実務経験を備えます。つまり、「一人で何でも出来る」のです。これらの知識と実務経験を駆使して、最適なご提案をすることができます。「一人でなんでも出来る」というのは私の経歴とは、他の弁理士にはない大変異例なものだからです。

 

私は、法学部卒でありながら、特許事務所・メーカで長年(17年間)にわたって、特許権を取得する業務を行ってきました。特に技術のバックグラウンドがなかったため、ソフトウェア・制御の技術分野を中心に業務をしていましたが、構造、材料等についても対応し、幅広い技術分野に対応してきました。通常の特許弁理士は、技術の専門分野に特化した業務を行うため、他の弁理士に比較して、対応できる技術分野が広いです。

勿論、他の特許弁理士にはない法律のバックグラウンドがあるため、他の特許弁理士では気がつけないリスク(独占禁止法違反等)に気が付き、指摘することができます。

更に、特許事務所勤務のときに、特許権の取得業務だけでなく、商標権、意匠権の取得の業務についても主担当として行ってきました。商標・意匠の主担当者の退職してしまったので、引き受けた次第です。

この際、「一人で何でも出来る」を極めようと、著作権の知識を強化しており、ビジネス著作権検定上級、一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務)といった著作権の資格を取得しております。また、2016年の初かに大学でビジネス著作権検定初級の講座の講師を務めました。著作権について、公的機関の窓口相談も行っております。

更に、特許事務所だけでなく、大手電機メーカ(パナソニック)、ゲームソフトウェアメーカ(カプコン)の知財部の経験を持ち、職務発明に関する規定の作成経験もございます。また、国内の知的財産権の取得だけでなく、外国(特に米国)での権利の取得の経験も豊富にあります。

従って、みなほ特許事務所の真価は、知的財産権の取得の業務については勿論のこと、「所長一人で何でもできる」に基づいた、問題解決力にあります。社内に知的財産部門のない企業様のために、外部の知的財産部門とした大変効果的に機能いたしますので、そのようにご活用頂けましたら幸いです。

♪ 専門知識を「理解できるように説明する」ことを大切に!お客様とみなほ特許事務所の二人三脚でなければ、乗り越えられないことがあるからです。タッグを組んでいきましょう。

お客様にご理解頂けなければ、提案した事項を正しく行って頂けず、また、問題解決にあたっての適切な情報を頂くことができません。ですから、難解であると言われている知的財産に関する事項ですが、「理解できるように説明する」ことを大切にしています。忍耐強く、ご理解頂けるまで、説明させて頂きます。

先日、ビジネス著作権検定の対策講座の講師を務めましたが、知識0の学生さん達を対象に、合格率65%の試験を、85%の合格率にすることができました。説明することには自信があります。ご依頼を通して、お客様ご自身である程度適切に判断できるようにしていくことを目標としております。

みなほ特許事務所がご提供するサービス

・知財経営コンサルティング業務

特許・実用新案、意匠、商標、著作権等の知的財産権を利用して、企業経営を改善するための、知財経コンサルティング業務を行っております。

 詳細はこちらをクリックして下さい。

・産業財産権の権利化業務

以下の権利化業務を行っております。

保護すべきものが、発明なのか、商標なのか、デザインなのか分からない場合でも、とにかくご相談ください。

初回のヒアリングについては、無料で行わせていただきますので、お気軽にご相談ください

特許:技術的アイディア(発明)を特許にしましょう!

商標:ハウスマーク、ロゴ、商品名などの商標権を取りましょう!


意匠:工業デザインの意匠権を取りましょう!

実用新案権:物品の形状や構造について、実用新案権を取得しましょう!


・知的財産権に関する相談業務

みなほ特許事務所は、相談業務でこそ本領を発揮することができます。自社に知的財産部門を設けるとなると、優秀な人材を確保するには、多大なコストがかかります。みなほ特許事務所を社外の知的財産部門としてご活用頂けましたら、低コスト(月額1万5千円~)で経験豊かな知的財産部門を得ることが出来、安心・安全に企業様にビジネスを行って頂くことができます。

 

知的財産権の取得の手続にあたってのご相談

特許権(実用新案権)、商標権、意匠権の取得のご依頼にあたっての特許性の有無等のご相談については、実質無料で承っております。詳しくは、お問合せ下さい。

単発でのご相談

1.5万円/1hで、ご相談を承っております。

詳細については、こちらをクリックして下さい。


プチ顧問(知的財産部門のアウトソーシング)

定期的に知的財産権に関する相談事項が発生するけれど、少しだけ相談出来ればよいという方向けの少額プランです。

詳細については、こちらをクリックして下さい。

顧問(知的財産部門のアウトソーシング)

お客様が弊所に希望すること、解決して欲しい問題に応じて、業務を行わせていただきます。


詳細については、こちらをクリックして下さい。



・確定日付代行サービス「スマートライツ」

「スマートライツ」は、確定日付の取得の代行サービスです。著作物・発明が存在していた日を証明する証拠を作成します。

他人の著作物を「真似」すると、著作権侵害になります。確定日付をすることで、ご自身の著作物が他人の著作物より前に存在していたことを証明することができ、「真似」していないことを証明することができます。

もっと知りたい方は、こちらをクリックしてください。

・知的財産権に関する教育・セミナー業務

知的財産権に関して、ご訪問させて頂いてのセミナー業務を行っております。

また、知的財産についての業務のご経験のない方が、新しく知的財産担当になられた場合、十分に業務を行うことができるように、OJTを行うことも可能です。

この場合の料金は、上記「知的財産権に関する相談業務」に準じます。貴社の事情のヒアリング及びお見積りは無料ですので、お気軽にご連絡ください。