Q 他人の特許を侵害していないか、どうやって判断したらいいの?

A この判断は簡単ではありません。でも、簡単に説明します。

 

 侵害かどうかは、特許請求の範囲の記載を基準に判断します。

 たまに、図面がとっても自分の発明と似ていると言って心配される発明者様がいらっしゃいますが、あくまで、特許請求の範囲で判断されます。図面が似ていても侵害にならない場合があるので、ご心配なく。

 

 具体的には次のように判断します。

 

 【特許請求の範囲】

 【請求項1】 2つ以上の持ち手を有するコーヒーカップ。

 と記載されている場合には、

 

 自分の製品が、とにかく2つ以上(2つでも、3つでも)の持ち手があるコーヒーカップであれば、形や大きさに関わらず侵害の可能性が高いです。持ち手の数が1つであれば、大丈夫です。


 【請求項1】 ハート形状の2つの持ち手を有するコーヒーカップ。 と記載されている場合には、


 自分の製品が、持ち手が2つあっても、持ち手の形状がハート形状でなければ、原則侵害とはなりません。

 

 だいたいイメージが掴めましたか?

 

 なお、明細書及び図面の記載も考慮して判断されます。特許権の権利の範囲についての判断には、専門知識が必要です。なので、特許請求の範囲の記載から他人の権利を侵害していそうに思えた場合には、ご相談ください。