Q 外国でも特許を取りたいけどどうしたら取れるの?

A 外国で特許を取るには外国に出願しなければなりません。大抵は、その外国の母国語の書類を提出する必要があります。そして、その外国の法制度に沿って、審査や特許権の付与が行われます。アメリカと中国で特許がほしければ、アメリカと中国のそれぞれに出願する必要があります。

 

 その外国の母国語の書類を提出するため、その書類の作成に時間がかかります。従って、一般的には、一旦日本に出願しておき、その日本の出願に基づいてパリ優先権というものを主張して外国出願します。出願したい国がパリ同盟国でなければなりませんが、主要先進国はパリ同盟国です。日本出願の時点を基準に発明が特許を受ける価値があるか否かが判断されるため、メリットがあります。

 

 また、国際特許出願(PCT)という制度を利用することができます。PCT加盟国に出願する場合には、日本の特許庁に対して日本語で国際特許出願を行うことができます。この国際特許出願は、出願日から原則30月以内に特許を受けたい国に対して、手続をすればその国の正規の国内特許出願となります。

 

 主要先進国は概ねPCT加盟国であるため、PCT出願もよく用いられます。難点としては、費用が高額になりやすいことです。


 外国出願には、驚くほど費用がかかります。1国あたり、200万円程度かかると覚悟をしてください。費用の観点から、外国で事業の予定がないのに、権利を取得することはお勧めできません。