Q 特許を取るには、いつ、いくらくらいかかるの?

A 特許を取るためには、①出願のとき、②審査請求のとき、③拒絶理由通知がきたとき、及び④特許の登録のときに費用がかかります。弁理士(弊所)に依頼した場合、ざっと合わせて、80万円くらいかかります。

 なお、特許を取るための手続きの流れは、こちらをご覧ください。

 以下に、より詳しく説明します。

①出願のとき 

特許庁費用1万5千万円

弁理士の手数料:30万円程




②審査請求のとき

特許庁費用:少くとも17万2千円(請求項の数に応じて更に加金されていきます 1請求項につき4千円)。

資力に乏しい法人や大学等は減額されます。

弁理士の審査請求手数料:1万円
弁理の審査請求の減額請求手数料(請求する場合のみ:2万円
弁理士の早期審査請求の手数料請求する場合のみ:1万円


③拒絶理由通知がきたとき

拒絶理由通知とは、発明が特許の価値なしと判断されたときに、審査官から出される通知です。この通知を放っておくと、特許を取れないことが確定してしまいます。

従って、特許を取るためには、審査官の判断が間違っていることを説明するために意見を述べた書面を提出したり(意見書の提出)、特許請求の範囲の記載を手直しする書面を提出する必要があります(手続補正書の提出)。

これらの意見書の提出や、手続補正書の提出のために以下の費用がかかります。


特許庁費用:なし

弁理士の手数料:10万円程(内容の複雑さによって異なります)


拒絶理由通知は2回程くるのが一般的です。

④特許登録のとき

 審査官に特許の価値のある発明であると判断されたときに(特許査定がでたときに)、特許庁に登録料を支払うと特許を取得することができます。

 

特許庁費用:少くとも8400円(請求項の数に応じて更に加金されていきます 1請求項につき600円)。

資力に乏しい法人や学等は減額されます。

弁理士の手数料:1万円

弁理士の成功謝金:9万円

 なお、登録料を支払えば、特許は権利になってから3年

は維持されますが、それ以降特許権を維持するには更に年金を支払う必要があります。