Q 工業製品は著作物?

A 原則的に工業製品は著作物にならないと判断されてきましたが、2015年に知財高等裁判所で、工業製品を著作物の対象となると判断した判例が出ました。


従来は、工業製品は意匠権で保護されるべきものであるとの理由から、著作物とならないと判断されていました。このことはファービー人形を著作物として認めなかったファービー事件で判示されています。ただし、純粋美術と同じ程度の高度な芸術性がある工業製品は、著作物となると判断されていました(博多人形事件)。


しかしながら、従来の判断を覆す判決が出て、椅子について著作物であると認めた判例が出ております。